Tag Archives: phishing

Criminals Prefer Pheasting on Phish Over Spam

Most of us are aware of spam, and while we may think it’s just an annoyance, what’s really dangerous about it is the fact that most spam are phishing attempts. Phishing is when cybercriminals attempt to fraudulently acquire your personal information, such as passwords and credit card details, by masquerading as a trustworthy person or Read more…

????????????????????? Web ???

      No Comments on ????????????????????? Web ???

寄稿: Ayub Khan

シマンテックは、危殆化したインドの Web サイトにホストされているフィッシングサイトについて継続的に監視を行っています。2011 年には、危殆化したサイトの詳しい調査を実施しましたが、2012 年もフィッシングサイトについて同様の調査を実施しました。

2012 年の 8 月から 11 月にかけて、全フィッシングサイトのうち 0.11% が、危殆化したインドの Web サイトをホストとして利用していました。フィッシング詐欺師は、フィッシングサイトをホストするために多くの分野でインド国内のサイトを狙い続けています。こうしたインドのサイトは多様なカテゴリに分類されますが、標的となった大部分のサイトは、IT 関連(14.40%)、教育関係(11.90%)、製品販売・サービス(9.80%)、工業および製造業(7.30%)、観光・旅行・運輸(5.80%)でした。政府系、電気通信、ISP などセキュリティの高い Web サイトの比率は低く、リストの下位に位置しています。このことから、脆弱な Web サイトほどフィッシングの標的になりやすいことは明らかです。
 

Indian websites 2 edit 2.png

図 1. フィッシング詐欺の侵入を受けたインドの Web サイトのカテゴリ
 

教育関係は、2011 年には標的となった Web サイトの最上位を占めていましたが、2012 年になると 2 位に下がっていることに注目してください。とはいえ、インド全土の各種学校や大学を含む教育関係は、依然としてフィッシング詐欺に好んで悪用されています。教育関係のカテゴリが上位を占めたのは、ラージャスターン、アーンドラプラデーシュ、デリー、マハーラーシュトラ、パンジャーブの各州でした。都市別で上位を占めたのは、ジャイプル、ハイデラバード、デリー、チャンディガル、バンガロールでした。

インターネットを利用する場合は、フィッシング攻撃を防ぐためにできる限りの対策を講じることを推奨します。

  • 電子メールメッセージの中の疑わしいリンクはクリックしない。
  • 電子メールに返信するときに個人情報を記述しない。
  • ポップアップページやポップアップ画面に個人情報を入力しない。
  • 個人情報や口座情報を入力する際には、鍵マーク、「https」の文字、緑色のアドレスバーなどが使われていることを確かめ、その Web サイトが SSL で暗号化されていることを確認する。
  • ノートン インターネットセキュリティなど、オンラインフィッシングを防止するセキュリティソフトウェアを頻繁に更新する。

 

* 日本語版セキュリティレスポンスブログの RSS フィードを購読するには、http://www.symantec.com/connect/ja/item-feeds/blog/2261/feed/all/ja にアクセスしてください。

Indian Websites Pursued by Phishers

      No Comments on Indian Websites Pursued by Phishers

Contributor: Ayub Khan
Symantec has been constantly monitoring phishing sites hosted on compromised Indian websites. In 2011, our study detailed these compromised sites and we did a similar study of phishing sites in 2012.
From August 2012 to November …

?????????????????????????

      No Comments on ?????????????????????????

寄稿: Saurabh Farkade

ベネディクト 16 世の退位から新法王フランシスコの選出まで、バチカン市国はここ数週間、ニュースの見出しを飾り続けてきました。スパマーにとっても、便乗してマルウェアを拡散する絶好の機会です。

シマンテックセキュリティレスポンスで最近確認されているスパム拡散攻撃は、Blackhole 悪用ツールキットをホストしているサイトにユーザーを誘導しようとします。ただし、シマンテック製品をお使いであれば、この脅威は Blackhole Toolkit Website として検出されますのでご安心ください。

スパムメールは、送信元として知名度の高いニュースチャネルを騙っています。攻撃には、以下のような件名が使われています。

  • 件名: Opinion: Can New-Pope Benedict be Sued for the Sex Abuse Cases? -(論説: 新法王ベネディクト、幼児への性的虐待で告訴か?)[削除済み]
  • 件名: Opinion: New Pope, Vatican officials sued over alleged sexual abuse! -(論説: 新法王、性的虐待の疑惑で公式に告訴!)[削除済み]
  • 件名: Opinion: New Pope Sued For Not Wearing Seat Belt In Popemobile… – (論説: 新法王、専用車両でのシートベルト非着用により起訴…)[削除済み]

電子メールで使われているドメインは、いずれも最近登録されたものです。電子メールに記載されたリンクをクリックすると、危殆化した Web サイトにリダイレクトされ、そのサイトにペイロードがホストされています。次の図は、今回使われている悪質なメールのスクリーンショットです。

大手通信社の知名度を悪用すると攻撃の成功率は高くなりますが、シマンテック製品をお使いのお客様は、このような脅威からも複数レベルの対策で保護されています。オンラインの脅威から身を守るために、大量送信されたニュースメールは開かないように、そしてセキュリティソフトウェアを最新の状態に保つようにしてください。

 

* 日本語版セキュリティレスポンスブログの RSS フィードを購読するには、http://www.symantec.com/connect/ja/item-feeds/blog/2261/feed/all/ja にアクセスしてください。

Pope Themed Spam Attacks Lead to Malware

Contributor: Saurabh Farkade
The Vatican City has been in the news a lot in the past few weeks due to Benedict XVI’s resignation and the election of Pope Francis. Spammers have picked up on this opportunity for spreading malware.
Symantec Securit…

Tax Season Email Scam Aims to Steal from Uncle Sam

Every year around tax season, we see a huge spike in tax-related social engineering attacks. Social engineering is a type of cyber attack that attempts to psychologically manipulate users, tricking them into downloading malicious software or divulging confidential information. Very often, these attacks take the form of a fraudulent email created to mimic an email Read more…

???????????????

      No Comments on ???????????????

寄稿: Vivek Krishnamurthi

チェルトナムフェスティバルは、英国で人気の高い障害競馬の祭典です。ナショナルハントフェスティバルとも呼ばれ、毎年 3 月に開催されます。この開催時期は聖パトリックの日とも近く、今年は 3 月 15 日まで続きました。祭典の期間には多くの賭け金が動きますが、その点はスパマーにもよく知られているらしく、ギャンブルを利用したオンラインスパムの増加が現在確認されています。

あるスパムサンプルでは、無料で賭けに参加する手順が説明されていました。メッセージに記載されたリンクを開くとフォームのページにリダイレクトされ、そこで登録すると 50 ポンド相当の賭け金をもらえることになっています。

このスパムメールで確認されたヘッダー情報は、以下のとおりです。

  • 件名: Bet on Cheltenham with the Best Odds!(チェルトナムで賭けるなら、オッズ最高の今!)
  • 差出人: Cheltenham Festival Bets(チェルトナムフェスティバル賭博) <xxx@BestWorldOnlinexxx.com>
  • 差出人: xxxCheltenham Festival Betsxxx“(xxx チェルトナムフェスティバル賭博 xxx) <xxx.@x.greatnewoffersxxx.com>
  • 差出人: xxxCheltenham Festival Betsxxx“(xxx チェルトナムフェスティバル賭博 xxx) <xxx.@x.ExcellentDealsOnlinexxx.com>

図 1. チェルトナムフェスティバルを利用したギャンブルスパム
 

登録すると、個人情報がスパマーの手に握られてしまいます。インターネットバンキングに関する情報まで入力してしまうと、事態はさらに深刻です。このようなサイトで賭けに誘われたら、くれぐれもご用心ください。実際には、登録してしまったら 50 ポンドの賭け金では済まないことになります。

迷惑メールや心当たりのない電子メールの扱いにはご注意ください。シマンテックでは、チェルトナムフェスティバルを悪用するスパムの監視を続けるとともに、聖パトリックの日についても同様の警戒態勢をとっています。

 

* 日本語版セキュリティレスポンスブログの RSS フィードを購読するには、http://www.symantec.com/connect/ja/item-feeds/blog/2261/feed/all/ja にアクセスしてください。

???????????????????????

      No Comments on ???????????????????????

聖パトリックの日は、アイルランドの文化と宗教にとって重要な祝日であり、3 月 17 日に世界各地で祝われますが、特にアイルランド人のコミュニティや組織にとっては大きな意味を持っています。最近、聖パトリックの日に関連するスパムメッセージが、Symantec Probe Network に多数届いていることが確認されています。確認されたスパムサンプルの多くは、車の在庫一掃セールをはじめとして、お買い得商品を宣伝するものです。

興味深いのは、この祝日の名前を、大容量ファイルの送受信に利用できる有名サイトと関連付けて騙そうとするスパムメールが確認されていることです。リンクをクリックすると、悪質なコードをダウンロードする Web ページにリダイレクトされます。このページでは、狙われやすい脆弱性がいくつか悪用されています。これらのスパム活動の主な目的は、電子メールの件名や本文で聖パトリックの日を利用してユーザーを誘うことにあります。「Patrick[RANDOM NUMBERS](パトリック[ランダムな数])」といった件名が一例ですが、このような手口には注意して、リンクはクリックしないようにしてください。

図 1. 聖パトリックの日を狙った悪質なスパムメール

スパムからリンクする Web サイトでは、聖パトリックの日にちなんだ在庫一掃セールが宣伝されています。

図 2. 聖パトリックの日を狙った広告スパム

在庫一掃の特別価格を見ようとして[Get Prices](価格を見る)ボタンをクリックすると、次の Web ページにリダイレクトされ、価格を比較するために車種を選択するよう求められます。

図 3. 車種ごとの価格を比較する在庫一掃 Web サイト

型式と車種を選ぶと、さらに別の Web ページにリダイレクトされ、今度は住所や電子メールアドレス、支払方法などの個人情報を入力する画面が表示されます。これは明らかに個人情報を盗み出そうとする手口であり、注意が必要です。

図 4. ユーザーの個人情報を要求するページ

聖パトリックの日を狙った在庫一掃セールのスパムで、これまでに確認された件名の例を以下に示します。

  • /*St. Patrick’s Day clearance, test drive your new car…(聖パトリックの日の在庫一掃セール、新車の試乗チャンスです…) .* */
  • See Clearance Prices on all XXX Vehicles on St Patrick(聖パトリックにちなみ、XXX 全車種を在庫一掃価格でご提供)
  • St Patrick’ XXX Clearance(聖パトリックの日の XXX クリアランス)
  • See Clearance Prices on all XXX Vehicles on St Patrick(聖パトリックの日、XXX 全車種を在庫一掃価格でご提供)
  • 2013 St Patrick XXX Huge Discount – Slashing prices to meet Quotas(2013 年の聖パトリックの日を祝し、大幅値下げ。売上達成のための出血価格)

次に示すスパムメールのサンプルは、偽の広告でユーザーを煽って商品を購入させようとしています。URL をクリックすると、医薬品販売を騙る偽の Web サイトにリダイレクトされます。

図 5. 偽の医薬品販売 Web サイト

迷惑メールや心当たりのない電子メールの扱いにはご注意ください。シマンテックでは、最新の脅威に関する最新の情報をお届けできるよう、24 時間 365 日態勢でスパムの監視を続けています。

安心して聖パトリックの日をお楽しみください。

 

* 日本語版セキュリティレスポンスブログの RSS フィードを購読するには、http://www.symantec.com/connect/ja/item-feeds/blog/2261/feed/all/ja にアクセスしてください。

Much More Than a Free 50 Pound Bet

      No Comments on Much More Than a Free 50 Pound Bet

Contributor: Vivek Krishnamurthi

The Cheltenham Festival, also known as the National Hunt Meeting, is a popular horse racing event that occurs every year in March in the United Kingdom. The festival usually coincides with Saint Patrick’s Day. This year, the festival is currently in progress and will end on March 15. A large amount of gambling takes place during the Cheltenham Festival, a fact that spammers seem to be well aware of as we are presently observing an increase in online gambling spam.

One particular sample of spam included instructions on how to register a free bet. The link provided in the message directs the user to a form where they can sign up and get a free bet worth up to £50.

Some of the email header information found in this spam campaign includes the following:

  • Subject: Bet on Cheltenham with the Best Odds!
  • From: Cheltenham Festival Bets <xxx@BestWorldOnlinexxx.com>
  • From: xxxCheltenham Festival Betsxxx“ <xxx.@x.greatnewoffersxxx.com>
  • From: xxxCheltenham Festival Betsxxx“ <xxx.@x.ExcellentDealsOnlinexxx.com>

Figure. Cheltenham Festival gambling spam
 

Once the user registers, their personal details are in the hands of the spammers. This situation can be even more alarming if the user shares their banking details. Beware of any fake betting offers from such sites; the reality is you are partaking in much more than a free bet of £50.

Symantec also advises our readers to be cautious when handling any unsolicited or unexpected emails. We are keeping a close eye on spam related to the Cheltenham Festival event, and another upcoming festival—Saint Patrick’s Day.

Spammers Special Feast for St. Patrick’s Day

St. Patrick’s Day is a global celebration of Irish culture and a religious holiday on March 17, and it is very special to Irish communities and organizations. Recently, we have observed numerous St. Patrick’s Day related spam messages flowing into the Symantec Probe Network. Many of the spam samples observed are encouraging users to take advantage of clearance sales of cars as well as other product offers.

Interestingly, in one spam campaign, we observed a malicious spam email that tries to trick users by using the name of the event in conjunction with a popular site that allows users to send and receive large files. By clicking on the link, the user is redirected to a Web page that downloads some malicious code, which exploits several common vulnerabilities. The main motive of these spam campaigns is to lure recipients by taking advantage of the St. Patrick’s day holiday in the subject line and body of the email, such as: “Patrick[RANDOM NUMBERS]”. In such cases, users should be careful and avoid clicking on the links.

Figure1. Malicious spam email taking advantage of St. Patrick’s Day

The spam may lead to a website declaring a clearance sale on St. Patrick’s day.

Figure2. Financial spam targeting St. Patrick’s Day

When the user clicks on the “Get Prices Button” for the clearance prices of cars, they get redirected to another Web page that asks them to select the type of car model for a price comparison.

Figure3. Clearance website to compare the prices of car models

After entering the make and model of the car, the user gets redirected to another Web page asking for their personal details, including their address, email address, and payment details. Users should be wary of such information-stealing attempts by spammers.

Figure4. Asking the user for their personal information

Below are some of the subject lines that we have observed regarding the clearance sale spam attacks for St. Patrick’s Day:

  • /*St. Patrick’s Day clearance, test drive your new car… .* */
  • See Clearance Prices on all XXX Vehicles on St Patrick
  • St Patrick’ XXX Clearance
  • See Clearance Prices on all XXX Vehicles on St Patrick’s
  • 2013 St Patrick XXX Huge Discount – Slashing prices to meet Quotas

The following example is from a spam email that encourages users to take advantage of bogus offers and purchase products. By clicking the URL, the user is re-directed to a fake pharmaceuticals website.

Figure5. Spam website selling fake pharmaceutical products

Symantec advises our readers to be cautious when handling unsolicited or unexpected emails. We at Symantec are monitoring spam attacks 24×7 to ensure that readers are kept up-to-date with information on the latest threats.

Have a great St. Patrick’s Day!